メスバウアー分光研究会

Japan Mössbauer Spectroscopy Forum

設立の趣旨
ワークショップ
シンポジウム
講演会
会誌
運営委員会
国際会議報告
カレンダー
メスバウアー論文
リンク

会則
事務局から
トップページ

事務局からのお知らせ

 

メスバウアー分光講習会&講演会を8月7日(月),8日(火)に東京理科大学森戸記念館(東京都新宿区)で開催しました.(29年6月6日)

 

第18回シンポジウムを3月15日(水),16日(木)に東京理科大学森戸記念館(東京都新宿区)で開催します.プログラムを掲載しました.(29年2月2日)

 

2013年1月より2015年2月まで日本アイソトープ協会刊行の学術誌Radioisotopesに連載された「連載講座 メスバウアースペクトロメトリーの基礎と応用」の冊子体を非会員の方にも実費(1500円)でお分けします.詳細はこちらから.(28年8月31日)

 

第17回シンポジウムを3月17日(木),18日(金)に首都大学東京南大沢キャンパス(東京都八王子市)で開催します.プログラムを掲載しました.(28年2月24日)

 

環太平洋化学会議Pacifichem2015が2015年12月15日から20日までハワイで開催されます。Nuclear probes in nanoscale characterization (Symposium ID254)は12月16日にヒルトン・ハワイアンビレッジで開催されます。発表申し込みは4月15日までです(締切りが延期されました)。(27年4月2日)

 

平成27年3月17日(火),18日(水)に第16回シンポジウムを開催しました.(27年3月19日)

 

平成27年3月17日(火),18日(水)開催の第16回シンポジウムのプログラムに一部変更があります.(27年2月21日)


平成27年3月17日(火),18日(水)に東京大学駒場キャンパスで第16回シンポジウムを開催します.プログラムができました.(27年1月10日)


平成26年3月17日(月),18日(火)の第15回シンポジウムのプログラムを一部修正しました.(26年2月27日)


平成26年3月17日(月),18日(火)に東京大学駒場キャンパスで第15回シンポジウムを開催します.プログラムができました.(26年1月18日)


第14回シンポジウムのプログラムを掲載しました.参加される方はTRCの入構のために事前登録をお願いします.(25年3月5日)


25年3月25日(月),26日(火)に東レリサーチセンターで第14回シンポジウムを開催します.現在,一般講演(講演時間20分)の申込を受付けています.(25年1月9日)


Mössbauer Effect Data Centerから刊行されているMössbauer Spectroscopoy Newsletter(MERDJ3505)にメスバウアー分光研究会の紹介記事が掲載されました.(25年1月9日)


シニア会員の制度が総会で認められました.満65歳以上に達した正会員のうち,会員歴が10年以上の会員は,翌年度からの会費が無料となります.(24年5月12日)


24年3月24(金),25日(土)に東大本郷キャンパスで第13回シンポジウムを開催します.(24年2月17日)


Kuzmann先生によるA Vertes先生の追悼文を掲載しました(24年2月17日)


2010環太平洋国際化学会議(Pacifichem2010)の報告を掲載しました.(23年1月4日)


環太平洋国際化学会議(Pacifichem2010)において本研究関連が深い原子核プローブ関連のセッション(#2-275)が12 月19,20日に開催されます.(22年12月11日)


22年3月29日(月)に阪大豊中キャンパスで第11回シンポジウムを開催します.5件の講演のほか,那須三郎先生,片田元己先生の特別講演を行ないます.(22年2月2日)


 21年3月26日(木)に東大本郷キャンパスで第10回シンポジウムを開催します.シンポジウムに引き続いてICAME11の公開準備委員会を開催します.(21年3月3日)

 


20年10月6日(月)に東大本郷キャンパスで,第11回講演会を開催します.講演者はZ. Németh博士(Eötös Loránd Univ.,ハンガリー)とP. T. Manoharan名誉教授(Indian Institute of Technology)です.(20年9月11日)

 


19年10月1日(月)に東大本郷キャンパスで,第9回講演会を,10月9日(火)に九大箱崎キャンパスで第10回講演会を開催します.講演者は,いずれもProf. P. Gütlich(Johannes Gutenberg-Universität Mainz,ドイツ)です.(19年9月9日)

 


メスバウアー分光研究会のホームページが東邦大化学科のサーバーのサービス停止のために,半年ほど閉鎖されていました.新たにこのアドレス(http://www.lab.toho-u.ac.up/sci/chem/ichem/moss/)で,再開しました.ご意見や情報などを事務局(mossoff.chem_at_ml.toho-u.ac.jp)にお寄せ下さい.(18年9月7日)

 


18年10月17日(火)に東大本郷キャンパスで,第8回講演会を開催します.講演者は,Prof. Langouche(Leuven大,ベルギー)とProf. Barrero(Antioquia大,コロンビア)です.(18年9月28日)

 


3月31日の総会で,前田米蔵教授(九大院理)が会長に就任しました.同時に運営委員も一部が交代しました.詳細はこちら.(18年9月7日)

 


会誌メスバウアー分光研究No. 7の奥付が手違いで昨年のまま印刷されています.申し訳ありませんが奥付の差替えをお願いします.なお会誌をお送りした会員には,会誌とともに訂正をお送りしています.正しい奥付はこちらです(PDFファイル 72 kB)(18年9月7日)

 


Moessbauer Effect Data Journal Newsletter に,日本のメスバウアー研究グループが Moessbauer Spectroscopy in Japan として,特集で紹介されています。 Moessbauer Effect Data Center のウェブサイトもしくは Moessbauer ウェブサイトで閲覧できます。(18年9月7日)