東邦大学理学部生物学科
分子発生生物学研究室
(川田 健文)
 
 

 研究テーマ

細胞性粘菌は単細胞の時期と多細胞の時期の両方を持ちます。我々の研究室では主として多細胞の時期について研究していますが、遺伝子によっては単細胞が集合して多細胞体を形成するときに重要な役割をしていると考えられるものもあり、それらも解析しています。多細胞体は動き回ることが出来るなど動物的ですが、細胞外にセルロースを分泌しやがて子実体という植物のような構造体を作ります。細胞性粘菌には動物にしか見られない遺伝子と植物にしか見られない遺伝子の両方があります。これらはバラバラの機能を持っているのではなく密接に関連しているため、テーマとしては動物的な現象と植物的な現象の両方について研究しています。


 

教員からのメッセージ

(高校生、大学学部生向け)



研究室の構成員⬅ここをクリック)


更新:国際学会の見聞録をアップしました。


 

川田 健文 教授

(1414A室)

Phone/Fax number: 047-472-5156  

e-mail address: tkawata*bio.sci.toho-u.ac.jp

(*を@に直して下さい)


注:このホームページをInternetExplorerで閲覧すると画像が正しく表示されません。

MacではFirefoxSafariGoogle Cromeで、Windowsでは少なくともSafariで動作確認済です。これらのブラウザをダウンロードして閲覧して下さい。


細胞性粘菌

Dicty Lab

卒業研究I, II, III

 (卒研の配属を希望する人は、必ず目を通して下さい

 

 大学院を目指す人へ

 

リンク先

新学術領域